伝統工法 継手を紹介します

施工にあたって、どのような軸組とするかによって、採用する継手も
変わってきます。ここでは参考例としてご紹介したいと思います。

 柱のほぞは 長ほぞとして、抜けにくいことが大切。地震に有効、特に縦ゆれに。


桁の登梁を乗せた状態、渡りあごという継ぎ手で組みます。


柱と土台を繋いでいる込栓


通し柱と胴差の継ぎ手には込栓と楔


桁同士のつなぎには上部より車知栓が打ち込まれます。

           
車知栓を上から見たところ          


同じ大きさの桁同士を繋ぐ追掛け大栓継ぎ(


上記と組み合わせる材



追掛け大栓をつなぎ込栓を打ち込んでいるところ


渡りあご継ぎによって交差する桁、その上に束と母屋が乗ってます。


整然と組みあがった渡りあごを主体とした木造軸組みは美しい姿を見せています。




                   トップページへ帰る